相互リンク *roco's(*´_ゝ`*)ノkitchen* *オーデュボンの祈り*
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
*オーデュボンの祈り*
2006 / 01 / 10 ( Tue )


       オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 
あらすじ:コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知
       らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交
       流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を
       話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かに
       よって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかった
       のか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージ
       手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。
感  想:とてもシュールな作品。ミステリーの様な、ファンタジーの様な、不思議なお話。
       でも一度読んだら止まらない♪
       未来の見える喋る案山子、人殺しが黙認されてる桜、嘘しか言わない画家、
       などなどミステリアスな登場人物達が物語を更に盛り上げていく。所々に
       細かい謎がちりばめられてて、最終的にすべてがパズルのようにはまって
       いくので読んだ後、爽快感がある。ストーリーの運びも、会話文もテンポが
       よくて「伊坂幸太郎」いいねぇ、って感じ♪
       『ラッシュライフ』も買ってるから読むのが楽しみなったぞぃo(・(∵▽∵)・)o
愛  読  書 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<*2006年1月11日のお弁当* | ホーム | *2006年1月10日のお弁当*>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rocozzz.blog35.fc2.com/tb.php/136-26e7f74a
オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎)
伊坂幸太郎に一目惚れだな、こりゃ。なんとこの作品がデビュー作だとか。特異な世界を描きつつも、その世界が魅力的で先を読まずにはいられない。主人公の伊藤がたどりつくのは、<荻島>という小さな島。この奇妙な土地は、150年ほど外との交流がないばかりか、嘘しか言... ジョナサンの読書飛行【2006/01/15 01:03】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。